スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポンと現代画報の特集記事 驚くべき調査結果

米国で10代の若者の難聴が急増しているという調査結果が、
米国に医学会誌に8月17日に発表されたそうなのです。

調査を実施したある博士は、12歳~19歳の若者の難聴比率を
1990年半ばの統計と比較したそうなのです。
その結果、軽度の難聴にかかっている若者の割合は30パーセント
増えて、会話に支障がみられる程度の重い難聴は77パーセントも
増えているということが分かったのだそうです。非常に驚きました。

原因はまだ究明されていないということなのですが、音楽との関係
についてはさらに研究を進める必要があるということを専門家は指摘
しています。2005年から2006年の調査では、大音量で音楽など
を聴くことが週に5時間以上あるかどうか尋ねる項目も盛り込まれたそうです。
ですが回答者が重大性を理解していない、またはロックコンサートなどの
大音響はこの世代にとってごく普通になっているという理由で「いいえ」
と答えた若者もいるかもしれない・・・と調査した博士は話しています。

電車乗っている時間や歩いている時間帯にでも常に音楽を聴いている人は
多いと思います。音楽というのは非常にすばらしいもので人の心を落ち着かせ
たり優しい気持ちにさせたり・・・というものだと思うのです。
ただ、聴く際に音量の調節をする必要があるのかもしれませんね。
私はそう思いました。


報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)
現代画報の日々取材
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。