スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 中国の為替政策に対する世界の動向



このところ、中国の中央銀行である中国人民銀行の対 応に注目が集まっていま
す。人民元相場の弾力性を高めるという発表が、人民元の切り上げ容認ではない
のかというのが、専門家の分析です。国際 ジャーナルでも、このあたりの分析
については、どのような見解を持っているのか、気になるところです。元高につ
いては、どのように考えればい いのでしょうか。これは中国ばかりでなく、世
界経済にとってもメリットが大きいという意見もあります。中国は、これからの
国際社会において、 重要な役割があります。責任を持った対応が望まれるとこ
ろですね。リーマン・ショック前の2008年7月から、中国当局は大規模な市
場介入を 続けています。このために1ドル=6・83元前後で相場は固定して
いました。この中国政府の対応について、カナダで開かれる主要20か国・地
域(G20)サミットにおいても、激しい議論が行われています。中国政府の今
後の動きは不透明だと感じます。どのような動きがこれからあるの でしょう
か。世界の工場として大きく経済発展を達成した中国の動向については、これか
らも注目していきたいところです。とくに為替の動向につ いては、国際的にも
重要ではないかと思います。




nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。