スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 米飯給食

ある小学校では2007年に、米飯給食を週5日実施する「完全米飯給食」をスタートさせたそ
うです。和食中心の献立とすることで、脂肪や糖分の多い偏った児童の食生活を改善するの
が狙いだということです。和食であれば、地元産食材の消費も拡大できるという町の期待も
背景にありました。

全国平均では週3日の米飯を、週5日のすべててで完全実施されています。米飯のため、揚げ物
や炒め物よりも、野菜をたくさん使った煮物や汁物、魚料理が合わせやすくなります。「脂肪
の割合も減り、より栄養バランスのとれた給食になっている」と、ある小学校の教頭は新聞取
材で説明しました。
この小学校に通う6年生の男の子は「野菜も好きになり、好きなダンスを踊っても疲れにくくな
った」と話しています。

この小学校がある町の教育長は「子供たちに健康的な食習慣を身につけさせるとともに、地産
地消によって、地域の脳器用や自然への理解を深めてもらいたい」と語っています。

私が小学校に通っていた頃、米飯給食は月1回の実施でした。米飯給食の日は、必ずメニューは
カレーだったのです。決して野菜をたくさん使った煮物や汁物は出てくることはありませんで
した。今は時代の流れもあり、また、保護者からの意見なども聞きながら変わってきていると
は思います。給食に米を食べるというのは、非常に良いことだと思います。体力もつくでしょう
し、疲れ方も全く違うと思うのです。ただ、昼から睡魔に襲われるかもしれませんが・・・。
みなさんの地域では、米飯給食はどれくらいの頻度で実施されているでしょうか。
「給食」という響き自体が、非常に懐かしく思えます・・・。


世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル
国際進のジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。