スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル クマムシに学ぶ

東京大学の研究チームが“クマムシ”という生物の全ての遺伝子情報を解読した
そうだ。
ところで、クマムシという生物をご存知だろうか。苔などに住む1mm程度の非常に小さな
虫のことだ。
実はこの生物、生命エネルギーが凄まじい。絶対零度などという想像もつかない極寒
から、151℃の灼熱までを生き抜く上、宇宙空間でも大丈夫。さらには水分がない状態で
数年放置しても、水分を与えれば復活するという。実に驚異的なパワーだ。

で、このクマムシの遺伝子情報がどうしたのかというと、今後医療面への活用が
期待されているとのこと。 乾燥から復活するメカニズムを解明し、輸血用血液の
保存や幹細胞の保存に役立てたい考えなのだそうな。

クマムシの遺伝子情報は70%近くがクマムシ独自のものだったそうで、素人考えながら

進化の過程にも想像は膨らんでいく。この生命体はどこからやってきたのだろうと。

クマムシの驚異の生命エネルギーを思うと、昆虫が隕石に乗って宇宙からやって
きたなんて説も、あながち非現実的な話ではない気がしてしまう。
(今回の“ムシ”と“昆虫”は違うけれど)
火星に水はあるというし、私たちが存在する事自体が他の生命体が存在し得る証
拠なのかも……なんて冬の星座の代表であるオリオン座を眺めながら、遥か宇宙
空間に思いを馳せるのも悪くはない。

報道ニッポン|報道通信社
国際ジャーナル紀行
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。