スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 報道 高校生たちが、街を守る

不審者の出没や該当犯罪の被害を防ごうと、大阪市城東区で、高校生たちによる防犯活動
が広がっているのだそうです。地域の防犯ボランティアが盛んな城東区では、人口1000人
あたりの刑法犯認知件数が昨年まで市内24区中、8年連続で最少を達成したそうです。
安全な街づくりに自分たちも一緒に参加したいと取り組む若者たちに、地元住民や警察は
「頼もしい仲間が加わった」と期待しています。

ある高校では1月、住民から「地域に不審者がいる」と話を聞いたのをきっかけに、サッカー
部が放課後の練習時間を使ったパトロールを発案しました。
練習がない日などを除いてほぼ毎日、部員40~50人から1グループになり、学校の周辺約
3キロを巡回するそうです。拍子木を鳴らしながら「ご用心、地域の安全守ろうよ」と呼び
かける部員の姿に、地元の町内会長は「貴重な練習時間を割いて協力してくれて、大変あり
がたい」と話しています。

また、昨夏から秋にかけて、露出行為をする不審者の被害が十数件相次いだ高校では、放送部
が防犯DVDを製作中だといいます。部員が署員に対処法や発生状況を取材して、完成すれば
校内などで上映したいということです。

これだけ大勢の学生が、一丸となって街を守るというのは非常に良いことなのではないかと思い
ました。今の時代、安心して街を歩くことができないという状況になっていると思います。
自分が犯罪に巻き込まれるということも他人事ではないのです。学生たちには、クラブ活動や
勉強があると思うので、しょっちゅうはパトロールが出来ないかもしれませんが、パトロール
をする若者がいるというだけで、守られているという気になりました。でも、油断は禁物です。


現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
あんそにの国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルの掲載企業 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナル経済白書 国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルで理解できる 掲載企業された国際ジャーナル通信 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナル|自然災害と地域によるリスク管理-国際ジャーナルとの出会い wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

ディメンションユナイテッドの詐欺破産をご存知ですか?非常に巧妙に仕掛けられた、旧経営陣の詐欺行為によって、詐欺被害者がたくさん出ています。ディメンションユナイテッドの詐欺行為は、本当に追求すべき詐欺事件です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。