スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 バス運転手の間違い

川崎市を走るバスで昨年の4~8月、運転手が路線バスのルートを間違えて、運行が9~18分
遅れたり、勝手なルートを通って本来は止まらないバス停で乗客を降ろしたりしたケースが
計4件あったことが4月15日、川崎市の内部文書でわかったのだそうです。

この4件で乗客計20数人に影響が出たということですが、そのうち3件は川崎市宮前区の同一
交差点での運行ミスでした。川崎市交通局はバス路線を認可している国土交通省神奈川運輸
支局に報告する一方、運転手4人を訓戒や文書注意の処分としたということです。

川崎市交通局によると、路線バスのルートを間違えたのは、全員が同区にある営業所に所属
する男性運転手だそうです。4人とも30歳代以上で比較的ベテランの運転手たちだといいます。

このうち3人が間違えたのが、ある県道交差点で、1人が市道交差点でした。いずれも左折す
べきだったのに、運転中に考え事をしていたり、車の割り込みに動転するなどして直進して
しまったのだそうです。
こうした運行ミスについて、川崎市交通局庶務課の課長は「あってはならないこと。点呼時
に経路や時間が記された運行表の確認を徹底させていく」と話していました。

ということは、今まで「点呼時の経路や時間が記された運行表の確認」はしていなかったので
しょうか。ですが、多くの人が利用するバスのハンドルを握っている人が考え事をしたりして
はいけないと私は思うのです。ちょっとした事で大きな事故につながる可能性があるわけです。
もし、大きな事故につながってしまった場合、多くの人が被害に遭います。そういったことも
頭に入れていただかなければ、多くの人を乗せるバスの運転というのは難しいのではないでし
ょうか。


国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内 国際通信社の国際ジャーナル リフォームのエコプランニング » 報道ニッポン 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 国際ジャーナルの求人 現代画報は現代画報社から出版されています 3次元CADアイオライトHOME 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 国際ジャーナル 現代画報との出会い
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。