スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルからの取材 もはやアメリカは世界経済の牽引車ではないという評判は本当か?

サブプライムローンに端を発した世界的な経済不況ですが、日本におけるダメー
ジも非常に大きなものだったと言えます。では、なぜ日本が大きなダメージを受
けたのでしょうか。まず、サブ・プライムローンによる経済の悪化は、アメリカ
市場で起きたことが上げられます。例えば、日本を代表するトヨタ自動車です
が、その自動車販売台数の20%近くをアメリカで販売しています。このため、
アメリカの自動車販売台数が急激に低下することによって、驚くほどの収益悪化
を生じたことになります。今回の不況によって、いままで世界の経済を引っ張っ
てきたアメリカの経済力が落ちていく始まりだという人もいます。サブ・プライ
ムローンは全世界の経済に影響を与えましたが、やはり中国やインドなどの新興
経済発展国の経済成長は、これから伸びていくのは間違いありません。なので、
G8と呼ばれた先進国の枠組みに対して、中国、インド、オーストラリア、韓
国、インドネシア、ブラジルなど、G20と呼ばれる新しい枠組みが出来上がっ
ています。これからの日本企業においても、これらの新興国に対する戦略抜きで
は、その成長は望めなくなっています。アメリカ一国から脱却した経営戦略が必
要になっていると言えます。





報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナル批評
fashiondc.xrea.jp
国際ジャーナルに出現
insete.sphere.sc
現代画報社 取材
realestate.ebb.jp

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。