スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 流行語大賞

12月1日、「2009ユーキャン新語・流行語大賞」が決まりました。
大賞には「政権交代」が選ばれたそうです。
以前には、雑誌「現代画報」でもこの「政権交代」に関する記事が紹介されていたように記憶
しています。

この「ユーキャン新語・流行語大賞」とは、1年の間に発生した様々な「ことば」の中で、軽妙に
世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶ
とともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するものだそうです。

暑い夏の8月30日、選挙が行われ「政権交代」が現実となりました。選挙が行われる前からも
テレビや新聞などでは毎日のように「政権交代」の4文字は報道されていたように思います。
もちろん、選挙活動中も「政権交代」「鳩山政権誕生に向かって」と報道されていました。
実際に政権交代が現実となった今、日本は何か変わったでしょうか。
「まだ現実のものとなってから、日が浅いから」という人もいらっしゃるかもしれません。
私自身、政治の話が苦手なので「何か変わった」という実感は正直持っていないのです。
希望としては、とにかくこの不景気を何とかしていただきたいのです。
給料減額は当たり前、給料が出ないところもあります。倒産する会社もあります。
私の周りでも「生活が厳しい」とよく聞きます。
「贅沢をしたい」とは言いません。普通の生活を・・・安心できる生活がしたいと思うのです。

「流行語大賞」の話に戻りますが、トップテン入りをしたのは「こども店長」「新型インフル
エンザ」「事業仕分け」「草食男子」などだそうです。
いずれも今年、テレビや新聞、雑誌を通じてよく耳にした言葉であると思います。
「新型インフルエンザ」については、まだまだ油断できない緊張する日々を送っていますが・・・。


現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
nyao.weblog.am
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
報道ニッポンの飛躍
現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
評判のお店を取材 報道通信社
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
報道ニッポンへの思い

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。