スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 歳入庁の構想についての決断

民主党の新しい大臣として注目されている長妻厚生労働大臣ですが、就任早々、
重要な決断を求められていると思います。いろいろと問題が起きた社会保険につ
いてですが、社会保険庁は、民間の「日本年金機構」に変わることが、旧政権で
は決まっており、その準備が進められています。これに対して、民主党では社会
保険庁と国税庁を一緒にして、歳入庁としたいことを政権公約としていました。
日本年金機構については、すでに人材採用などの準備がかなり進んでいる状態で
す。これに対して、長妻大臣がどのように意思決定をするのでしょうか。社会保
険の運営健全化という観点からは、民間企業として運営していくのはいいと思い
ます。これは国際ジャーナルなどのマスコミでも賛成の論調が多かった点です。
その一方で、民主党がかかげる歳入庁の利点も大きいと言えます。納税と合わせ
て年金を集める事ができますから、大幅な合理化と、効率化が期待できそうで
す。ただし、公務員としての地位は残りますので、社会保険庁で経験したたるみ
などが起きない仕組み作りは必要です。これからの新しい日本を作っていく上
で、あらゆる組織の見直しが行われていくと思います。新しい政権には、国民の
利益という点から、おもいきった動きをとってもらいたいと感じます。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。