スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 支持率と不支持率

ある会社が10月8日~11日に実施した10月の世論調査によると、菅内閣の支持率
は民主党代表戦で菅直人首相が再選される直前の9月調査と比べて6.4ポイント減の
39.2パーセントで3か月ぶりに低下したそうです。
不支持率は6.5ポイント増の39.2パーセントとなって、支持率と並ぶ形になりました。

この調査は全国の成年男女2000人を対象に個別面接方式で行ったそうです。
内閣を支持する理由としては「他に適当な人がいない」が一番多く19.6パーセント。
続いて「首相を信頼する」が8.8パーセント。「誰でも同じ」が6.4パーセントでした。
「リーダーシップがある」が1.2パーセントでした。
不支持の理由としては「期待が持てない」が一番多くて23.4パーセント。「リーダー
シップがない」が18.9パーセント。「政策が駄目」が13.9パーセントでした。
政党支持率は、民主党が9月と比べて0.6ポイント減の20パーセント、自民党が0.7
ポイント減の14.7パーセント、公明党が3.3パーセント、みんなの党が2.0パーセント
となり、「支持政党なし」が56.3パーセントという大きな数字になりました。

以前、テレビ番組でも国民の「政治ばなれ」というものがあるのでしょうか。
信頼されていない・・・というのもあるかもしれませんね。
しかし、ここで国会議員のみなさんで頑張っていただいてこの国を救っていただきたい
ですね。ある党が別の党への批判などをしている場面をよくテレビで見かけるのですが、
国民の生活を安定したものにしていただくために、批判するだけではなく団結して
良い国づくりをしていただきたいのですが・・・。それは叶わぬ夢なのでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
dragon.bex.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。