スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 大麻の危険性

国際ジャーナルに、大麻の危険性に関する記事が出ていました。
大麻とは危険なものであることは知っていますが、
それがどのように危険なのかは今まで知りませんでしたので、
自分なりに調べてみました。

大麻は中央アジア原生のアサ科に属する一年生の植物で、
その煙を吸う事によって、多幸感、幻覚などの中枢神経作用が現れる事は
数千年前から知られていたそうです。

大麻の作用は、大麻に含まれるTHCと呼ばれる物質によります。
大麻は煙として肺から体内に吸収されると、多幸感が数分以内に現れ、
約30分でピークに達します。
多幸感の他に、体内に吸収されたTHCの量に応じて、
結膜の充血、心拍数増加、食欲昂進、現実感の薄れ、記憶障害などの
現象が起こるとされています。

また大麻のみならず、一般に、脳に作用する物質には依存性があります。
依存には、その物質の使用を中止すると強い不安が出現する精神依存と、
使用中止後、不快な離脱症状が生じる身体依存の2つがあります。大麻使用による依存は精神依存が主で、
強い不安やパニック発作、恐怖、幻覚、妄想、総合失調症の発症などがあるそうです。


こんな症状を引き起こすものであっても、
大麻使用は外国によってはそれほど厳しくない国もあるようです。
しかしながら、大麻の使用はさらにおそろしい覚せい剤へとつながっていくおそれもあり、
やはり厳しく使用を禁止していく必要があると思います。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
現代画報の日々取材
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。