スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 アイフォーンの問題点。

ソフトバンクモバイルのスマートフォン「iPhone」を、お子さまに持たせている方は要注意です!なんでも、iPhoneの青少年が有害サイトを閲覧できないようにするフィルタリング機能の提供方法が不十分ということで、総務省が作業部会でソフトバンクから事情を聴いているのだそうですよ~。製造元のアメリカのアップル社の日本法人にも質問状を送って事実確認を進めているとのことで、なんだか心配になっちゃいますね。携帯電話を買う時に18歳未満人の場合には、保護者の申し出がある場合を除いては、携帯電話会社がもともとフィルタリングをかけた状態で販売することが、2009年に施行された有害サイト規制法で義務付けられているのだそう。へえ、しらなかった!これならちょっと安心ですよね。ただし、アイフォーンは、購入後に利用者が設定をしないとフィルタリングがかからない仕組みとなっているのだそう。というのも、大抵の携帯電話のフィルタリングは、携帯電話回線の接続先を制限する形で行うそうですが、アイフォーンは回線への接続経路が日本の携帯電話と違うということで制限ができず、無料ソフトを使って端末の側で閲覧先を制限することになっているのだそう。ただ、この方法にはクレジットカードの登録やら、一部ソフトの利用停止など面倒くさい作業が必要なため、保護者が設定しない場合も多々あるようですね。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
cyber.sphere.sc
経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

1oo1oo1

Author:1oo1oo1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。